ちいきの学校

Facebook
2020.6.2

第2回しろうと先生「雅子さんの庭づくり」レポート

居心地の良い庭

 

「ここからみると良いわよ〜!」

雅子さんの声が弾みます。

 

とある5月の日曜日、花咲き乱れるお庭にお邪魔しました。

最初に感じたのは、とても美しいのに、つくり上げた感じのしない自然体の庭ということ。

どうしたらこんな居心地の良い庭がつくれるのでしょう?

 

 

雅子さんが、庭の中に無数に存在するお気に入りのビューポイントを教えてくださいました。

奥に見える山、遠くの屋根、木立、遠くの花、そして近くの花。

目のフォーカスを切り替えながら、庭を愛でるのだそう。

 

 

やったことないことやってみよう!

 

「買ってきた花もあるけど、その土地で咲く花の方が気候に合っているから育てやすいの」と楽しそうに話す雅子さんは、結婚して子育てをして、一段落した頃からこの庭を始めたのでした。

 

52歳、夫もまだ現役で忙しく、ふと「私何しようかな」と自分と向き合う時間が持てたのがきっかけ。

まだ身体も充分動くし、何かができそう。

「やったことないことをやってみよう!」そう考えた雅子さんは、畑だったところを庭に作り変えようと思い立ちます。

 

とはいえ、庭がすぐに出来上がったわけではありません。20年ほど経った今でも庭は進行形。

「充分と思ったことがないのよ」

そう話しながら、「今年は藤の花芽を切りすぎちゃって失敗」とか、「ここは孫が登るからすぐ倒れちゃう」とか、笑って話しながら案内してくださいました。

 

じっくり「観る」ことが大事

 

この季節の朝は早く、「4時半に起きて、今日は何をしようかなと考えて動き出すの。その時間の空気感が好き」これが初夏の雅子さんの日課。

早朝の庭を歩き、朝露に光る花を愛でながら、何を欲しがっているのか、何をしたらいいか、そのようすをじっくりと観察するそうです。

 

移植した場合は、もともとどんな場所に生えていたかよく観ておいて、環境の方を近づけたりもします。

半日陰が好きなのか、日向が好きなのか、何事においても「観る」ことが大事と教えてくださいました。

 

 

「どの花が好きですか?」という質問をわたしは飲み込み、代わりに「どの花にも目を向けられるんですね」と声をかけてみました。

すると「そうなの。どの花にも味わいがある」という答え。

 

ハクロニシキ、パンパグラス、サンザシ、アグロステンマー、ジャーマンアイリス、チドリソウ、ユキアカリ、アイスバーグ…ほんの片隅だけでも多くの名前があがります。

 

それぞれの花に生きる場所がある。「花も人も同じ、適材適所なのよ」の談。

 

花色のコーディネートをたのしむ

 

「あそこのエンジ色のパンジーが効いてると思わない?」

グリーンの中、ところどころ引き締めるかのような、濃い色の花や赤っぽい色の葉の植物が植わっています。赤やエンジ色、濃い紫などをどこに置くか、考えるのが本当に楽しそう。

 

作り手であり鑑賞者でもある彼女の「観る」という行為の行ったり来たりが、庭での過ごし方の醍醐味なのではないかとふと思いました。

 

近所の子どもたちも遊びに来る庭

 

 

 

自分の気持ちがゆったりできる、遊べる庭

 

丹精込めた庭は多くの人に愛され、季節ごとに訪れる人を迎え入れています。

「ほめられるのも嬉しいけど、自分の気持ちがゆったりできるのが一番」。

 

美しいけど気取っていない庭には、心地良い空気が流れています。

 

 

「自分の遊べる庭を作りたかった」と話す雅子さん。

「庭をやっていると結構忙しいのよ。草のストレスがすごいの(笑)。そういう苦しみもあるけど、台風でダメになっても、何度でもやり直せるのも魅力。人生と同じ!」とにっこり。

 

庭がすべてを教えてくれる、そう感じられた初夏のひとときでした。

 

 

「しろうと先生」とは